レズ的人生の記録ボ(確)

凝り性だけど飽き性な福岡市在住カポーの自己満足な日常の記録

される側からする側へ

ひゃほい!

 
 
 
 
 
えーっとー、
 
今朝ワサビにちゅ~るをあげてみたんだよね!
 
 
普通に食べるんかーーーい!
 
 
 
もう1個の方もお皿に入れてみた。
 
 
こっちも食べるんかーーーい!
 
 
 
あの3日間はなんやったんや??!
 
 
猫ってキマグレンていうけど、これにはつたんもビックリン!
 
とりま、よかった☆ ホッ
 
 
 
 
映画が終わってブラブラして、16時半ぐらいから
 
俺たちのよかたいで1杯ひっかけた。
 
 
たまたま、さいころを振って出た目の数餃子がプラスされる
 
日だった!
 
 
 
f:id:rezuteki-tsunatan-0909:20170921174706j:image
+4個の計10個 ¥250 ラッキー!
 
 
 
 
それからその横に最近出来た新店舗へ。
 
コマツっていう人気のイタリアンが仕掛ける立ち吞み兼
 
座り吞み居酒屋さん。
 
椅子席が満席だったのでとりま、立ち吞みで我慢。。
 
 
 
f:id:rezuteki-tsunatan-0909:20170921174722j:image
低温調理された鶏の白レバー
 
つたんはNOレバー なたん食べレバー?ププッ
 
 
 
f:id:rezuteki-tsunatan-0909:20170921174740j:image
豚足の唐揚げ(骨なし)
 
骨が無いってなんてラクなんでしょ
 
まぁその分お金取られるけどね
 
 
 
 
とここで、カウンターが空いたので、移動できる事に。
 
 
カウンターに座ったはいいものの、 狭い。
 
このお店、とにかく狭い。
 
説明し辛いんだけど、ぎゅうぎゅうで4人座れるヘンな
 
作りのカウンター席だった。
 
 
「おにいさーん、あたしたちがこう座れば後ろにあと2人座れるよね?」
 
「・・・いいんすか?! ありがとうございます!」
 
 
 
 
「ありがとうございます。すみません。。」
 
「ありがとうございます。」
 
 
つたんとなたんのすぐ後ろに若いカップルが着席した。
 
 
 
 
f:id:rezuteki-tsunatan-0909:20170921190637j:image
間違えて持ってこられたマッシュポテトと牛すじの何かしら
 
美味しそうだったので、そのまま引き取った 笑
 
 
 
 
f:id:rezuteki-tsunatan-0909:20170921190656j:image
3種盛り 500円
 
よだれ鶏 青唐辛子とタコのポテサラ カレー味のマカロニ
 
なたんが席を譲ると言ったお陰で、お店のにぃちゃんが
 
普段は盛りに入れないっぽいよだれ鶏を入れてくれた ラッキー!
 
 
 
 
ちょい吞みで帰る予定が気づけば3杯を飲み干すところ
 
まで来ていた。
 
つたんがトイレから戻ると、背を向けてたはずのなたん
 
 
 
 
後ろのカップルに向き合って話かけてるやないかーい!
 
 
まぁそうなるとは思ってたけど。
 
 
「遠距離だって!」
 
「やっぱりそうかー ニヤリ」
 
 
 
実は後ろからそんな会話が聞こえてて、ふたりで「遠距離か」「みたいやね」って
 
話してたんだよなっ!フフフ
 
 
でここで、驚き!!
 
 
 
「このコ、長崎〇〇市のコだった!」
 
「マジで!?」
 
「はい、〇〇です」
 
「彼女は?」
 
「岡山です!」
 
「きょう会うのいつぶり?」
 
「1カ月?ぐらい? あたしが会いたくなって急遽
きのう新幹線乗って来ました。エヘ」
 
「ほぉーーーっ」
 
 
なたん、完全にそこいらのおばちゃん化。笑
 
 
「で、あなたは〇〇から博多に出てきたの?」
 
「はいっ」
 
 
「どの辺りに住んでるの?」
 
かーらーのー、
 
 
 
「×××に勤めてるんすよ」
 
 
えーーーっっ?!?!
 
 
「あたしの妹もそこで働いてるんですけどー!」
 
 
「えーーーーっ?!  え?名前は?!」
 
「ヤマダハナコ」
 
「僕と同い年ぐらいですよね?」
 
「そうかな? 同じぐらいかしら?」
 
「高卒で入ったコじゃないですか?」
 
「うん、そう!」
 
「僕が大卒なんですけど、歳は同じで。。 あー! 完全にそうだ!」
 
 
「ちょっとさー、誰か男のコ紹介してやってよぉー」
 
「彼氏いないんですか?ハナコちゃん」
 
「知らないけど、ゼッッタイいない!」
 
「誰か紹介したりーよー!」
 
「わかりました!」
 
 
親戚のおばやんみたいにおせっかいな姉やなぁ 笑
 
 
 
 
てか、すごくない?!
 
たまたま後ろに座ったひとが、なたんと同郷ってだけでもおぉ!ってなるのに
 
妹と職場が同じだなんてよ!?!?
 
 
 
 
 
「つたんは和歌山出身なの」
 
「和歌山!!」
 
「和歌山って白浜しかしらないけど」
 
「そう、白浜!」
 
「えーーーーっ!」
 
「行ってみたいんですよねー白浜!」
 
「何もないよ?!笑」
 
 
 
これもさ、つたんの地元を知ってるひとに九州で会うなんてよ?!
 
怖い、怖い!
 
 
 
で、このカップルといっしょに吞む事になって、彼女は
 
帰りの新幹線の時間を変更して、酔っぱらってお皿を
 
地面に落とすわ、ワイングラスをひっくり返すわ、
 
つたんに注いでくれるボトルの口と、つたんが傾けた
 
グラスがガッチリ噛んで取れなくなって赤ワインが
 
こぼれて、つたんの白いパンツに飛びまくるわ(笑)
 
でもうねぇ、大変だった!
 
でも、楽しかった!
 
 
もちろん、レズとカミングアウトしました。
 
もちろん、なたんがね♥
 
つたんとなたんの馴初めを聞いて
 
「ドラマみたーい♥ あたしらバイトやし!」 って
 
言うてるのにワロタ。
 
 
 
いつもはおっちゃんかおばちゃんに絡まれる我々なので、
 
10歳も違うコと吞めて新鮮だったなっ。
 
 
 
THE  D