レズ的人生の記録ボ(確)

凝り性だけど飽き性な福岡市在住レズカポーの 自己満足な日常の記録

NEVER SAY NEVER

ハロー(・ω・)ノ

最終章です。

つたんは走った。

湿気と熱風の中を。

右も左も分からない通りを。

つたんは戻った。

なたんがお粥をハフハフしている店に。

「・・・コンビ二とか全然なかった。 もう水でいいやって思って自販機行こうとしたら、万札ムリな事に気づいた。笑」

8割方食べ終わっていたなたん。

「あのー、この辺でいちばん近いコンビニってどこですか?」

「コンビニ行くの? 遠いよー笑  ここはちょうど真ん中になるから。 真ーっ直ぐ行くか、左曲がるか、さぁ、どっち!

えっ。

なに、そのノリ。笑

ちょっと、ついていけ・・ない。

つたんが行こうとしたら、なたんが走り出して行った。

・・・なたん、すまない。

全然減っていないつたんのお粥。

むしろ、時間が経ってしまって、増えてるかもしれないお粥を、ひとり食べすすめていると、

「この辺はねー、ほんと中途半端で。 どこに行くにも中間だから。」

おばちゃんが話しかけてくれたんだけど、コミュ障なワタクシ。

「あー、そうなんですねぇ(愛想笑) ・・・(どうしよう。。なんか喋らな!)」

「この辺って、いつもこんな感じ(閉まってるお店が多い)なんですか?」

つたん、精一杯のコミュニケーション!

「うん。 大体こんな感じ。 ウチの横のお店も夕方からだしねぇ」

「へぇー・・・(横の店、何屋か知らんし・・・)」

なたん、早く・・・(´□`)

ヘルプミー!!!

もう、らめーっ! 限界だわ!

このあと、NO BGMの店内で、つたんはお粥を食べきった。

娘さんがiphoneでなにやら動画を流しはじめた。

それを階段の定位置に座って親子で一緒に見ていた。

スマホ、持ってるんや・・・)

ちょっと、安心したワタクシ。

そうこうしてたら我がヒーローなたんが、オリオンビール片手に汗だくで戻ってキターーー!

商店街の中の商店を何軒も見てくれたらしい。

感謝感激雨霰。

ありがとう、なたん!

「お会計お願いします」

「はい。  690円

安っ!

ひとり350円もせーへんやん!

つたんは鶏粥にしたのに?

もっと高くてもよくってよ?!

いやー、全てが衝撃的なお店だった。

ガンガラーの谷に2万年前にヒトが住んでたって知ったときより、ぶっちゃけ、この平成の時代に

あんなお店があって、あんな・・・

そして、なんと、あのおばちゃんは台湾人じゃない生粋の日本人いう事がわかった。

もっと驚いたのは、あの年季の入ったお店が、なんと、開店してからまだ10年という事。

ひとってわからないって言うけど、店もわからないって事が、今回わかった。

「すごかったなぁ、あの店・・・」

「ほんとよ! あたしなんて、あの二人がヘンな事しないか、作ってるところずっと見てたし!」

「でも、かなり美味しかった! また今度沖縄来たら・・・」

「もう行かんでいい!笑」

「えっ?!うそん!  汚ったなかったけど安くて美味しかったじゃん!」

「そうだけど、もういい!」

つたん、フラれました。 

 

カルチャーショック後、いつかの、つたんの似顔絵を描いてくれたあのお方のお店で

袋からすでに、かわいい

ロードワークスで買ったキーカバー

超絶かわいくない??!  一目惚れしましたわ。

おまけのポストカードもゆるかわでいい感じー★

ふと、気づく。

「なたん! ハットは?! まさか・・・」

「・・・!!! あの店だ・・・orz」

二度と行きません宣言をして、まだ1時間も経っていないのに、二度目の来店になるなんて。ププッ

お店の前には持ち帰り客が出来上がりを待っていた。

なんやかんやで人気店なのかしら?

「すいませーん・・・これ ウフフ」

なたんの、CA4LAで買った高級なブルーのお帽子は、この時代めっきり見なくなった昭和感剥き出しの

ラジカセの上にポンっと乗っけられていた。 ギャハハハ!!!

それを見た時のなたんのあの顔を、つたんはずっと忘れない。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ



ダラダラー旅行記、終了! おつかれしたーっ!