レズ的人生の記録ボ(確)

凝り性だけど飽き性な福岡市在住レズカポーの 自己満足な日常の記録

実は声に出して言いたい日本語

  日本語というのは難しい。

同じ意味でもいろんな言い回しがあったり、昔の言葉とか、現代語とか、オトナ語とか、ギャル語とか

もう言い出したらきりんがないんだよ。

じゃがりこの様に。 




あ、あと大事なの、忘れてた。


    方言。


つたんとなたんはこのHOUGENというものが遠距離よりやっかいなものになる場合が多々ある。

二人とも大きく分けると、関西弁と九州弁になるけど、細かく分類すると、こうじゃない。

つたん弁となたん弁になる。

電話だと声だけなので、余計に分かり辛い。

同じ日本人なのに、「あー、〇〇の事か」 「そう、〇〇の事ね」 とか普通で。

でも、方言ってかわいいし、魅力を感じる。

自分が使う以外限定。

なたんの話し方、ヘンやけど、すき。

最近、ヘンな大阪弁みたいなの言うし 笑


そして、日本語っていい言葉ほど短いってさっき気付いた。

 「すき」 とか。

たった、 す と き の2文字があわさっただけなのに、なんで言うの恥ずかしいんやろ。

誰が考えた?

「すき かもー」 とか 「すき なんかなー」 にするとすんなり言えるのに、すき の2言は

ある意味重い。

それから、会いたいという言葉は、遠距離恋愛にとって敵だ。

だから出来るだけ使いたくない。

ほんとうは言いたい。  連呼してもいいくらい。 笑

言われるのはいい。

でも、言われると嬉しいよりも、切ないというか、やるせない気持ちになる   ・・・・気がする。


どうやら、今、つたんとなたんはギクシャク中の様ですね。

原因を作ったのはワタクシであります。


あー、 日本語って難しいぜっ!




 


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村